つみたてNISA~将来の資産額~

今回もつみたてNISA制度についてまとめました。

✓疑問

  • つみたてNISA制度でいくら貯まるのか

期待

この記事を書いている僕はつみたてNISA運用歴10ヵ月ほど、
投資初心者でも利益率20%(現在+約16万円)出せてます。
一緒につみたてNISAや資産形成について勉強していきましょう。

✓本記事の内容

  • つみたてNISAで貯まる資産の期待値

20年後の資産額の期待値

つみたてNISA制度の残り17年間で限度額(毎年40万円)を積み立てた場合をシミュレーションしました。
購入銘柄はバランス型(株/債券/不動産を国内/海外で均等に購入)と株式インデックス型(指数に連動)の二つのケースに分けてます。

・その①:バランス型
・その②:インデックス型

□その①:バランス型
銘柄:eMAXIS Slim バランス
投資割合:株37.5% 債券37.5% 不動産25%
平均リターン:2.7%(騰落率-10.2~16.3%) ※2%で計算

つみたてNISAバランス型

○結果
元金:680万円
資産額:809万円

 

□その②:
銘柄:楽天全世界インデックスファンド
投資割合:株100%
平均リターン:6.0%(騰落率-19.7~33.4%) ※5%で計算

つみたてNISAインデックス型

○結果
元金:680万円
資産額:1006万円

二つを比較すると圧倒的にインデックス型が良く見えます。あくまで今までの実績から平均した場合のシミュレーションになるので、変動する場合があります。

注意点として、つみたてNISAは老後資金を形成するための制度なので、年代別に投資対象を検討した方が良いです。
20~40代で始める人は株式100%で積み立てて多くのリターンを狙い(株式インデックス型)、50代~始める人はリターンは少ないですがリスクを抑えて債券を多く取り入れることで暴落のリスクに備えた方が良いでしょう(バランス型)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA